トップ > スタッフ紹介 > 酒井絵美

スタッフ紹介 STAFF

酒井絵美

Emy Sakai酒井絵美ハーディングフェーレ / フィドル / ヴァイオリン / ヴィオラ奏者

ハーディングフェーレ / フィドル / ヴァイオリン / ヴィオラ奏者、音楽民族学者。

東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。
2013年アントニン大学(レバノン)にてアラブ音楽理論とアラブ・ヴァイオリン奏法をNidaa Abu Mrad、Mustafa Said等に師事。
2015年ノルウェーでハーディングフェーレ国際マスタークラスに参加し、Knut Hamre、Frank Rollandに師事。
その後ノルウェーに定期的に滞在し、ハーディングフェーレ奏者として現地で国営テレビNRKや演奏会、Landskappleikenに出演、レコーディングに参加する。
2019年はマイアミでベネズエラヴァイオリン奏法をDaniela Padrónに師事するなど、現在も地域を広げて諸民族のヴァイオリン奏法の調査・演奏・研究を行う。
共著に、西尾哲夫、水野信男 編著『中東世界の音楽文化〜うまれかわる伝統』(スタイルノート 2016年発行)。

一方国内では、ノルウェー音楽デュオ「ノルカルTOKYO」、アイリッシュ音楽ユニット「きゃめる」、「tipsipúca」、北欧音楽トリオ「3 Tolker」、
アラブ古典音楽ユニット「ムシカ・アラビーヤ」、「Voice of the Nile Club」など多くのユニットに所属し、演奏活動を行う。近年はゲーム音楽やCM音楽のレコーディングも多数手がけている。

公式サイト:http://www.emysakai.com/

ノイジークロークでの参加作品:『LITTLE FRIENDS -DOGS & CATS-』

一覧に戻る