トップ > スタッフ紹介 > 宮本貴奈

スタッフ紹介 STAFF

宮本貴奈

Takana Miyamoto宮本貴奈ピアニスト・作曲家

ピアニスト・作曲家。茨城県結城市出身。
幼少からエレクトーンを学び、14歳でピアノに転向、高卒後米国バークリー音大に留学、映画音楽作曲学科&ジャズ作曲学科卒。卒業後NYへ拠点を移し、全米エドマンジャズピアノ大会優勝、ジョージア州立大ジャズ教育学科修士課程卒。米国(ボストン、ニューヨーク、アトランタ)と英国(ロンドン、オックスフォード)に19年在住、海外での活動は約30ヶ国に渡る。

1998年から5年間、ニーナ・フリーロン(v)のワールドツアーに参加。ピアノとアレンジを担当した【Soulcall】は2001年グラミー賞2部門でノミネート。カーク・ウェイラムとの連名作【Promises Made】は全米ジャズチャート5位にランクイン。二年連続【アトランタベストジャズアクト】【ジョージア州で最も影響力のある女性100人】【ジョージア州で最も影響力のあるアジア人25人】他受賞多数。2003年音楽界での実績により米国永住権取得。

2013年帰国、NYトリオ録音【オン・マイ・ウェイ】で日本デビュー、Jazz Life誌【アルバムオブザイヤー】で全世界のデビュー作品のベスト盤認定。八神純子、佐藤竹善、TOKU、大黒摩季、May. J、サラ・オレイン、由紀さおり、タケカワユキヒデ等との共演やTV出演、中西圭三と狩野泰一(篠笛)との【WA-OTO】等コラボも展開、アレンジ・プロデュース、ビッグバンドやオーケストラアレンジも幅広く手がける。NHK【日本の話芸】映画【ふるさとがえり】【十字架】【種まく旅人】【惑う~After the Rain】【マーチング~明日へ】他音楽担当。国立音楽大学ジャズ専修講師、結城紬大使。2019年から弾き語り活動も開始。

www.takana.net

ノイジークロークでの参加作品:
『文豪とアルケミスト ピアノ独奏音樂集』など。

一覧に戻る